オリックス銀行のカードローン、審査が厳しい場合の銀行とのやり取り

他の銀行系のカードローンよりも審査が通りやすいと評判のオリックス銀行ですが、これはあくまでも会社に勤める安定収入がある人の場合です。もちろん、アルバイトでもパートでも良いのですが、それ以外となると厳しい場合があります。例えば自営業を営む人の場合、通常は必要としない所得証明を求められることになります。オリックス銀行のカードローンの審査は2段階に分かれます。最初にネットからの申し込み内容を検討して、問題がなければその確認作業を行う本審査へと移ります。けれども最初の段階で引っかかった場合には、オリックス銀行とのやりとりが発生することになります。まず所得に関する内容確認ということで、納税証明や確定申告の写しなどを求められることになります。これを用意して送付すると同時に、連絡先の確認を行います。一般的には勤め先へ在籍確認の電話を入れることになりますが、自営業の場合には活動拠点に固定電話を低いことを求められます。すでに設置してあれば良いのですが、近年では携帯電話だけで済ませるケースが増えています。そのために必要とあれば、新たに固定電話を申し込むことが必要になります。このように場合によっては厳しい対応となる場合もありますが、あくまでもこれは安定収入を得ていることと、その収入源となる会社でも在籍確認が目的です。その点を理解して協力することが必要となりますし、特に自営業ならば借り入れは事業のためではないことをアピールすることも大切です。
http://oriban-shinsa.info/