デビットカードでエラーが出たときの主な理由とは

デビットカード利用時にエラー等が発生する主な原因は、預金口座の残高不足やサーバーのメンテナンスや障害、セキュリティ関係などが理由として考えられます。
口座に必要な残高が預金されていないとカードの利用はできませんが、引き落としのタイミングなどで発生する例外はあります。通常はカードを利用すると即時に決済されるのが基本ですが、決済システムに遅延の起るカードリーダーやシステムが古い店舗だと、決済が完了するまでに数日から数週間掛かることがあります。引き落としやカードを利用した事実を把握しておかないと、場合によっては残高不足になりカードの使用が出来なくなります。残高不足に気づかない場合に発生した支払いは、銀行が一旦立て替えるので預金はマイナスになり、返済されるまでデビット機能は停止されます。
デビットカードの利用時にはさまざまな処理が行われており、サーバーのメンテナンスや障害で原因で起るエラーがあります。通常、利用店舗からサーバーを経由してカードのネットワークへ接続しています。ネットワークには数種類有り、代表的なものにCAFISとCARDNETなどがあり、これらのネットワークを経由して利用店舗を管理している会社に接続します。管理会社は同ネットワークまたは別のネットワークを経由して、デビットカードを発行している金融機関へ接続します。以上の経路のどこかで障害等が発生すると、デビットカード利用時にエラーが発生します。
デビットカードに利用限度額を設定している場合や、金融機関がセキュリティ対策のために設けている限度額の設定により、エラーが出る場合があります。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら